商品全面安です

 お世話になります。

 怖いですね、地震。

 相場は商品全面安です。

 金の急落には驚きました。ポジションはないものの、、、隣の白金は。。。米中貿易戦争の懸念とのコメントが並んでいますが、それが事実なら過敏に反応し過ぎのような気がしますが、ついた値段が相場です。

 原油も急落。

 コーンもゴムも下げています。コーンに関しては大豆の絡みもありますので納得する部分もあります。7月限は逆ザヤ発会でした。今後、ファンドの乗り換えが入ります。

 ゴムは上海市場が休場です。中国市場は今回の米国の関税発動に市場としての答えを出していません。休場明けの明日が注目です。反応なしなら、今日の東京ゴムは下げ過ぎた!という事になりますが、下げるようなら、東京はすぐ下に173.3円の年初来安値が控えています。これを抜ければ逆指売りが大量ヒット、一気に170円割れコースの可能性もあり得ます。

 今週も宜しくお願いします。

「無料会員申し込み」




にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ストレス

 お疲れ様でした。

 猛烈な腹痛、、、医者曰く”ストレス性”との事です。

 今の時代、ストレスを感じない日などない訳で、満員電車の通勤も含め、ちょっとしたこともストレス、相場を相手にしていたら尚更ですね。

 もっとも今日の商品相場はほぼ無風状態でしたけど。

 唯一ゴムくらいでしょうか!?戻りらしい戻りなしの180円割れ、流石に大台割れの一服感から目先は戻す可能性もあるでしょうが、大勢は決しています。週末、もしくは来週集初めに米国が中国への完全について何かしらの発表があるようですから、上海市場も揺れそうです。

 そして関税問題は穀物にも影を落とします。特に大豆!シカゴは天候相場の上げ幅を全て削り、根っこまでの下げを演じ年初来安値です。

 コーンは未だそこまでは至っていませんが、受粉期を無事通過する、もしくはその見通しが立つ、となれば・・・。今月の需給報告における15億BU台の期末在庫は今後のイールドの上方修正を考えると実勢を伴っていない数字です。

 貴金属、金も白金も大きな動きがない日々ですが、相場は必ずどちらかに放れます。

 ではまた明日です。

「無料会員申し込み」




にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

動きが緩慢です。

 お世話になります。

 すこぶる体調が悪く、病院に行って来ました。皆様もご留意下さい。

 相場のほうはFOMCを経て動意つくか!?と思いきや、貴金属はほぼ無風状態です。タカ派の内容だったFOMCですが、金は踏み止まった格好です。白金も動きなし。相変わらずの三角保合形成中。日柄的にはどちらかに動きが出てきても良いと思います。

 取り組みを見れば、上げを望んでいるポジションが多いことは一目瞭然で、それがネックといえばネックなのですが・・・。

 ゴムが先ほど180円を瞬間割ってきました。昨日はファンド売り一色の手口で、差し引きで約1万枚の売り越しとなりました。今までのパターンだと戻しても良さそうですが!?高値から約20円の下げもゴムのひと波動の値幅です。

 ただし、これを買いで狙うのか!?それとも戻りを待っての売りなのか!?そこは各々の相場勘、大勢感となります。

 コーンも動きらしい動きがありません。

戦略を立てる

 お疲れ様でした。

 白金君、昨日までは良い足取りでしたが、今日はコレ。東京の三角保合、果たしてどちらに抜けるか!?

 各々予想があると思いますし、私としても予想の中で、この保合の中で最低限の枚数だけは持ちたいと思っています。思惑と逆に抜けてしまえば、手仕舞いでリスクを限定する、逆に思惑通りにいけば、枚数を増やす!

 さて明日明朝のFOMCは如何に!?

 コーン、ドンドン戻ってもらいましょう!シカゴの夜間取引では大豆が一時二けた安にまで沈んでいました。

 ゴム、大勢を見誤ると、昨日は買いたくなる場付きだったように思います。今日はシカゴが一気に崩れました。現物の重みに耐えられなかったのか!?それとも何か材料が出たのか!?

 ちなみに、ゴムの概ねの波動は!?先ほどメールでチャートを添付したお送りました。

 では本日もご苦労様でした。

「無料会員申し込み」




にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

米農務省発表

 おはようございます。

 昨日の米朝首脳会談、早速成功か!?失敗か!?とアレコレ言われています。歴史的な会談でしたら、まずは会う事で成功とは言えませんかね??

 さて、以下は昨日発表された米農務省の需給報告の数字と自分なりの意見です。

※米農務省発表の米国需給報告(6月12日発表:カッコ内は前月見通し)

2017/18年度
作付面積    :  9020万エーカー  (  9020万エーカー)
単  収    :    176.6Bu (    176.6Bu)
期初在庫    : 22億9300万Bu ( 22億9300万Bu)
生  産    :146億0400万Bu (146億0400万Bu)
輸  入    :    4500万Bu  (    5000万Bu) 
供給合計    :169億4200万Bu (169億4700万Bu)
飼料用     : 55億0000万Bu ( 55億0000万Bu)
食品・種・工業用: 70億4000万Bu ( 70億4000万Bu)
内エタノール  : 55億7500万Bu ( 55億7500万Bu)
輸  出    : 23億0000万Bu ( 22億2500万Bu)
消費合計    :148億4000万Bu (147億6500万Bu)
期末在庫    : 21億0200万Bu ( 21億8200万Bu)
在庫/消費率  :     14.2% (     14.8% )
2018/19年度
作付面積    :  8800万エーカー  (  8800万エーカー)
単  収    :    174.0Bu  (   174.0Bu ) 
期初在庫    : 21億0200万Bu  ( 21億8200万Bu)
生  産    :140億4000万Bu  (140億4000万Bu)
輸  入    :    5000万Bu  (    5000万Bu) 
供給合計    :161億9200万Bu  (162億7200万Bu)
飼料用     : 53億5000万Bu  ( 53億7500万Bu)
食品・種・工業用: 71億6500万Bu  ( 71億1500万Bu)
内エタノール  : 56億7500万Bu  ( 56億2500万Bu)
輸  出    : 21億0000万Bu  ( 21億0000万Bu)
消費合計    :146億1500万Bu  (145億9000万Bu)
期末在庫    : 15億7700万Bu  ( 16億8200万Bu)
在庫/消費率  :     10.8%   (      11.5%)

 結果はシカゴ10¢高の往って来いとなりました。まず客観論を挟まず数字だけをそのまま見ると、”強材料”です。

 期初在庫が減った分、18/19年度の供給が下方修正され、更にエタノールなどの需要面が上方修正という事で、期末在庫が前回予想から1億BU強の下方修正となりました。期末在庫15億BU台なら、シカゴの価格水準は4ドルが妥当だと思います。

 しかし、単収が据え置きでした。まぁ6月の発表は例年5月から据え置きが多いというのは昨日お送りしたメールの通りで、まさにその通りの据え置きとなっています。

 とは言え、現段階で過去最高の作柄を有している事を考えると・・・・。昨年よりはるかに良い作柄ですから、当たり前ですが昨年を上回り、現状の作柄を維持し、受粉期も無事通過できるのであれば・・・。また、私は最終的に作付け面積も多少上方修正されると思っていますので、尚更供給面の圧力が増えます。まぁ作付面積増加はあくまでも私の予想ですが。

 いずれにしても今後の天候が重要であるという前提に変わりはありません。受粉期のピークは7月前半、あと約半月後です。

 尚、現状の作柄を維持すれば、単収は・・・・、そうなるとシカゴは・・・・ドル割れです。

 じゃあ、今日の戻りは絶好の売り場!?確かにその可能性もありますが、依然として国内市場の取組が整っていない事は事実です。シカゴが止まると東京だけ上げる可能性があります。コーンの世界在庫が下方修正されているところも注目です。

 あとは隣の小麦や大豆市場。

 その辺を総合的に考えると・・・・!?詳しくは会員メールにて。

「無料会員申し込み」




にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ
プロフィール

極

Author:極


相場は無限の可能性を秘めています。


相場の世界に飛び込んで~~年、相場はやり方一つで世界が変わります。



昨今、外国勢が市場を席捲しており、日本人としての気概を見せる時です。


長年、相場の最前線で戦ってきた経験と知識を余すことなく、激しく、熱くお伝えします。極

リスクに関する表示・免責事項
リンク
メール問い合わせ
問い合わせ、ご質問があれば soubamichi10@yahoo.cojp までお気軽にどうぞ。極
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム